美味しいコーヒー

おいしそうに飲む男性

オフィスコーヒーというのは、一度にたくさんのコーヒー豆が配達されるので袋の最後の方になれば香りもなくなってきて風味も少し落ちてきている感じがしてきますが、常に新しく新鮮で香り高いコーヒーを飲むことができるように、例えば1キロの購入した場合、1袋でドンと配達されていたのが、500グラムに小分けされていたり、オフィスコーヒーで使いやすいようにコーヒー豆を1回分程度に小分けしたもので1キロ分で配達されるようになっているので、小分けサービスをしている所を使えば毎日 美味ししいコーヒーを飲むことができます。 更に、毎日 同じコーヒーでは飽きてきてしまうことがあるので、小分けしたものも違う種類の豆を購入することができれば午前と午後、あるいは今日と明日は違う味を楽しめるのもコーヒーを楽しむ工夫かもしれません。

少し前までは会社を出てコンビニ等で淹れたてコーヒーを買ってきて会社で飲む人が多かったのですが、オフィスコーヒーを導入してからいつでも美味しいコーヒーを飲むことができるようになりますし、何といってもオフィスコーヒーの方が価格が安いです。 それに、最近はウォーターサーバーや給茶機を設置しているオフィスも多いので、オフィスコーヒーはなくてはならないものの一つになっているかもしれません。 そのため できるだけ全員がコーヒータイムを楽しめるようにいろいろなコーヒーの種類から自分達に一番合ったものを選んでもらうために、オフィスコーヒー専用の豆の種類も豊富になってきており、長くコーヒーメーカーに入れたままにして風味を落とすよりは、飲み切れる量の豆のセットも多く販売されるようになったので、いつも美味しいコーヒーが飲めるように考えられています。